貸し工場は建てるよりも安いわけではない

貸し工場は、初期投資コストを抑えることを可能とするため、企業に用いられています。

ただし、それは建てるよりも安いことを意味しません。

もし自前で工場を建てると、それを建てるときには大きなコストがかかりますが、その投資コストを回収したのちは、実質的に無料で利用していることになります。

つまり、資産回収に必要な期間以上に長期的に利用することを考えているのであれば、貸し工場よりもトータルは安くなります。

マイナビニュース情報を見付けるのに、このサイトを参考にしてみてはいかがでしょう。

貸し工場の場合、確かに初期投資は抑えられますが、自分の不動産ではないため、利用制限を受けますし、賃料はどうしても割高になるため、所有するのと同じ期間利用すれば、逆に高くつきます。その代り、いつでも契約を終わらせることができるため、移転がしやすいということや、すでに設備が整っているので、生産を拡大させやすいということなどのメリットがあります。

また、そもそも事業資金を最初にたくさん用意できない場合には、自前で建設することができませんが、貸し工場ならばそれを可能とする点で、可能性を広げてくれる存在でもあります。貸し工場は、不動産会社で仲介をしているので、利用したい方や、利用してくれる人を仲介してほしい方は、不動産会社に問い合わせるようにしましょう。



最近はインターネット上に写真付きで情報を掲載している業者もあるので、それも参考にすると、具体的なイメージを持って物件を探すことが可能となります。

千葉の貸し工場情報を検索しましょう。

特に、実際の物件と連動させ、更新を早くしているところは、参照するに値します。